2011年04月29日

ボーコレンって?

ゴールデンウィークに入りましたね。
この時期は乗り物で移動するし、観光地やテーマパークでは混雑するし、大変ですねあせあせ(飛び散る汗)

でも一番大変なのが、トイレを使用すること、ではないでしょうか。。。
トイレを我慢して膀胱炎になりやすい、ゴールデンウィーク前に狙って発売された、
小林製薬のボーコレン、いったいどんなお薬なのでしょうか。

まずは、膀胱炎についてですね。
Wikipediaには
膀胱炎
急性膀胱炎は細菌性の感染症である。
女性に多く、男性では比較的少ない。発熱を伴わないことが多い。
というもの(ばっさり切ってわかりやすくしました)です。
また、旅行に行ってなる場合は急性ですので、急性膀胱炎を抜き出しました。

1行目、細菌性の感染症である、とのことですが、感染の理由として、
尿は無菌状態であり、尿を作られる腎臓から、尿管、膀胱、尿道に至るまで常に無菌の尿によって、常に細菌を洗い流しています。
ところが、尿を我慢してしまうことによって、外から入ってきた細菌を洗い流せなくなると、細菌による感染を起こしてしまいます。

2行目、女性に多い理由ですが、
男性より女性の方が、最後の尿道が短いので細菌が入ってきやすいためです。
女性の方がトイレが混みやすいのもあると思います。

つまり、寒くなって、免疫力が落ちる、水分を摂らなくなっておしっこの量が減る冬と、
トイレを我慢する行楽シーズンに増える病気です。


治す方法は、
  1. 菌を殺す
  2. おしっこの量を増やす
  3. 体を温める
の3つです。
病院に行くと、1の菌を殺す抗生物質が処方されます。
でも、医師の診断が必要なので、気軽に買えるものではありません。。。
そこで、ボーコレンぴかぴか(新しい)
2のおしっこの量を増やすと3の体を温める効果がある、五淋散というお薬です。
一緒に腫れや痛みも取ってくれる、排尿痛にもいい処方です。

飲まれる際には、
食前食間のおなかの減っている時に、白湯(おさゆ)で飲んでください。
胃の弱い方は、食後にずらしていただいた方が良いと思います。

ただ、余裕のある時には受診してください。
抗生物質のほうが治りが断然早いです。
お近くの、内科や泌尿器科へ!!





新しいサイト作りました!
今年こそ治す!水虫
http://no-mizumushi.com/


posted by ゆぅ at 23:38| Comment(0) | 新商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


登録販売者のボクの日常